風俗求人情報サイトにある給料に関しての部分というのは非常に魅力的なものとなっていますが、そこだけ見て判断をするのはあまりよろしくない。

やはり特殊な風俗の方が待遇は良くなるが求人情報でリスクの有無の確認を!

風俗の業種は、基本的には国から許可を受けてそれに準じた営業をすることが多いですね。求人で最も多い業種も、やはりそういった形なのですが風俗営業というのは非常に法律の穴が多い世界なのです。だから、風俗業界もそういった穴をついた新しいアイディアの風俗店が続々と出ているんですね。

今回は、風俗業界の中でもちょっと特殊な物について紹介しましょう。

■特殊な風俗業種について
お店の具体性を上げるならサロン、セクキャバ、案内所や会員制の出会い喫茶などがこれらに挙げられます。性風俗というのは基本的に、風俗営業の許可証を発行してもらわなくてはいけないのですが、現在で新規に発行している風俗営業の許可証はデリヘルのみなんです。だから、風俗運営は社交飲食店の許可証を取りつつ、風俗営業にギリギリ引っかからない形で運営をしているんですね。

サロンやセクキャバなんかが正にその典型で、あくまで社交飲食店の形をとりながらも実は射精のお手伝いをするまでのサービスを提供していたりします。しかし、これは元来アウトなのですが、実は男女間、つまり店員とお客さんの間に恋愛的な個人的関係があるという風に建前にしてしまうと風営法で取り締まることができないんです。

出会い喫茶なんかもろにこれで、お店側が男性からの会員料金だけを受け取り、サービス料金は全額女性に払うという形をとることによってデートのお礼をしてるだけという形にしているわけです。

レファレンス:風俗求人情報 http://www.r-30.net/

■特殊な風俗は危険ではないの?
あくまで風営法ギリギリというだけであって、別に嬢が法律違反をやらされるわけではないので厳密には危険ではないです。実際、こういうのは利用者や民間から苦情が出なければ摘発もできません。風俗で働くというのは、簡単な事ではなく時には代償が必要になってしまいます。

じゃあどんな事が代償になってしまうのか、紹介していきましょう。「風俗求人で働く時の代償って?」まず多数の男性とエッチな行為をしないといけないので、覚悟が必要です。好きな人しかフェラする事ができないとか、キスする事ができないなんて言う女性は風俗で働く資格はないと思います。

どんな客でもキスをするのは当たり前ですし、フェラをする行為だって当たり前です。自分の全裸を見られても恥ずかしくないと思わないとこの仕事を長続きさせる事は不可能です。男性客に彼氏になっても良いかとかプロポーズをされる事ももしかしたら仕事をしている時にあるかもしれません。

そういう時に傷ついた回答をしてしまうと、男性から殴られたり、ストーカーされたりして、トラブルにもなりかねないので、断り方も勉強しないといけません。また彼氏を作りたいと思っても、彼氏ができると仕事がはかどらなくなってしまって、仕事をやめたいけど辞めることがすぐにはできないとなると、辞める期間仕事がはかどらず適当にお客様に接客をしてしまい、怒られてしまう事もあります。

風俗をやれば、代償がたくさんあるんだと思っておきましょう!何も知らずに面接をして、仕事を開始してもうまくいかないと思いますし、風俗をやるなら、それなりの覚悟と度胸が必要です。給料は確かに他の職よりも良いかもしれませんが、それだけ大変だし代償はいるんだと思ってください。

合っている人だと代償すらなくなって気持ち良く勤務する事ができるんですけどね。エッチな事が好きな人は何の代償もなくたくさんお金を稼ぐ事ができるかもしれませんけどね。皆さんの勝手なイメージの一つとして、風俗は若い女性しか働くことができない、もしくは採用してくれないというものがあると思います。

しかし、30代の風俗求人情報サイトのような風俗求人情報サイトを確認してみますと、30代以上の女性も風俗業界は求めている傾向にあるということが見てとれます。その為、「30代だから今から風俗嬢は無理でしょ」と諦めてしまっている人にこういったサイトをお勧めしたいですね。

最新投稿